様々なサービスに使えるGoogleMapsAPI

企業は、何らかのオンラインサービスを消費者に提供をしていますが、その中でも、ネットユーザーに役立つのが地図情報を活用したオンラインサービスです。

しかし、この地図情報を活用したオンラインサービスを構築して展開するには、多くの地図データが必要になる場面が多々あります。
GoogleMapsAPIは、世界中で使われているオンラインマップサービスの機能を自在にWebアプリケーションやWebサイトに導入出来る物です。

現在では、このAPIを使うにはAPIキーの取得が必要ですが、数万マップロードであれば、無料で使えるのが利点です。

非常に多くのマップデータを自在に使えるようになりますので、GoogleMapsAPIを使って企業や個人はオリジナルのオンラインサービスを構築する事が可能です。

GoogleMapsAPIには、法人利用向けに有料版を用意しています。この有料版を使う事によって、有料サービス上で地図情報サービスを追加したり、無料版よりも高画質で大量のマップデータを使えるようになります。

GoogleMapsAPIには、マーカーを設置したり、ポップアップメッセージを表示したり、ユーザーの視点でマーカー周辺の写真を閲覧したりといった機能が搭載されています。

このAPIは、サーバサイドプログラムやクライアントプログラムに対応していますので、開発者の環境に合わせてオンラインサービスの開発を進めていく事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です